あら

Tags

行きそうで行かなかった元ファンだがやっと結婚決まったようだ。おめでとう。/ 最近twitterを始めた。仕事では前からやってるんだけど、私用アカウントは昨日作った。urashinjukuなので検索してフォローしてください。

きょうは一日忙しかったが、朝10時から仕事して、帰るのはまた朝になりそうな予感…。朝9時には八王子にいなきゃなんないしなー。

某国で出したもの

Tags
とある仕事を某国(韓国です)で再リリースしたことがあるのだが、それの報告が来たんだけど、実績報告数値が全部2桁目からしかないというか、1桁目がぜんぶ丸まっていたので中間業者(取次)にメールする。国的な性格も十分わかってるので、まーいろいろと契約を反故にされてもしょうがないとは思うのだが(実際契約違反はあった=契約完了前にリリース)、これはないよなぁ。
もー少し綿密に処理されてくれるといいんだけど。信頼のないところには二度と出さないのわかってるだろうに。使い捨て感覚なんだよな。間の業者も。

うたをうたえ

Tags

http://kousyoublog.jp/?eid=2291 を見ていて、期間に短さを感じなくもないが、見通しの効かぬ道では歌を歌え、というのは納得した。

東南アジアの小国から帰ってきたが、移動時間のほうが長かったので疲労してしまった。1日寝てもまだおさまらないので、サウナで抜くか、全身にサロンパスでも貼りぬくしかないかな。

文の品質

Tags

(遠い昔に)知っていた編集者が、別の業種のサイトを始めていたので見てみる。あえてリンク貼らないけど、自信の無さがサイトに出るんだよね。(仮)だったりとか、「募集」の文にお金になる感じがなかったりとか。

別の記事で、はてなの東京事務所に言葉の怖さみたいなのを訴えているもとテレビマンの人がいるんだけどhttp://d.hatena.ne.jp/aureliano/20090611 それを書いている文のほうが境界にいる感じになっちゃったりしてる。これはわざとなところもあるだろうし、いろいろぼかした結果こうしか書けないんだろうけど。

この2例を見て、文(言葉)の怖さは、芸としてやっているにせよ、予想外の部分で人のこころの状態のこまやかな部分を伝えてしまう点かなと思っている。

あと、文の話じゃないけど、下のリンク先の記事見てると、日本では、個人の狂気が文化を作っていたようなことが書かれている。しかし、いまある狂気というのは、文化として編集者なりプロデューサーなりが拾っていくものということでなく、Webでは狂気をそのままウォッチングして、時に参加し、時にまとめていくというものが主流だ。http://japan.cnet.com/blog/sasaki/2009/06/09/entry_27022912/

文は人の精神状態が露骨に反映される。参っているときはやはり参っているなりの不快な文面しか書けないし、でも人はそういった感情は排出したくなるもので、かつてはそういうものは個人の日記で終わっていたのだろうが、mixiに代表されるいわゆる友人同士の情報共有や、ブログなどで他の人へいやおうなしにその悪感情は伝わっていく時代となっている。このへんにWebで病んでいる人が多い原因をつかむ鍵があるのかもしれない。

文には表情以上に何かの力がある。だから、プロは一度読み返し、その余計な部分を取り除くようにして、清書をする。呪詛とかどうでもいいのだが、もしかしたらWebのコンテンツとして最も優秀なのは負の感情なんじゃないかという気持ちもしている。まあもう黎明期からいる人は飽きちゃってるんですけど、そういうの。

文章って、よい文を書くために添削をするよりも、文章による健康診断みたいなのを行ったほうがいいんじゃないのかな。精神病のバウムテストは絵だけど、たとえば文ににじみ出るものからのテストのほうが、判断が容易なような気もするのだが。形態素解析とかして、自動で「病んでます」とか出るサイトとか。安易に作られても困るだろうけどね。

健全な肉体に健全な精神が宿るじゃないけど、文章はそのときそのときの「何か」や精神状態が勝手に染み出す。狂気を売りにしている私小説家はどんどん身を持ち崩す。エンタテインメントとして、芸として文章を売るのはいいのだが、自分が吐いた文から体を悪くしたりはならないようにしていきたい、と適当に思った。適当に思うなよ。

いま、文章をはじめとしたコンテンツの世界は出版がむちゃくちゃになっているせいで非常に価値が落ちている面もあるが、文はうまい下手じゃなくて人が出てしまう部分もあるわけで、そういう人の出ている文章っていうものを味わうみたいな、そういう評価軸がもっと出てきてもいいのになぁ。文体開発としての「あたし彼女。」は評価するけど、精神軸がついてきてないというか。

文章のヘタウマの味みたいなのを堪能するには、やっぱり素人の文章に限るというか。そして、本よりも生の文のほうがよかったり。Webのウォッチの醍醐味なのかもしれないね。

とばらばらで、重複箇所も多い上に一部意味も通らない文章を、まとめあげないまま並べて、校正もしないと不安を煽るね。

電車のホームでAVを見る人

Tags

きのう某私鉄線のホームにいったら、13インチくらいのノートPCに閉鎖型のヘッドフォンで立って電車待ちをしている人がいて、うしろを通ったらモニタフル画面で上下動する女の人(たぶんにエロ)の動画を見ていました。ななめ後ろなので反転画像でしか見えないですけど。

個人の趣味に言及したところでアレですけが、ななめ右には普通に女の人がいるのに。せめて、後ろに人がいないところで見てくれよ…根本的にはスポーツ新聞のエロ面開いて乗ってるおやじとかと変わらないんですけど、ハードウェアがPC化することで、なにか根本的に勘違いしてる人も増えてくるのかもしれないですね。

お知らせ

● Bloggerに外付けでつけている、コメント/トラックバックのシステム、HaloScan のコメント文字エンコードを Shift_JIS から UTF-8 に変更しました。そのため、この手前のエントリまでの古いコメントがShift_JISのため文字化けしてしまいますが、今後は文字化けしなくなります。

古いコメントは、文字化けしていても、ブラウザの操作で文字コードに Shift_JIS を選び直すと表示できます。(そうするとUTF-8でついている新しいコメントは文字化けするんですが。)お手数をおかけいたしますが、よろしくお願いします。

同様の文章を記事でない脇の部分にも掲載予定です。

最近

●Webとか編集とかやってた知り合いがいつのまにか農家になっていた。農家はいいけど農家になる方法の情報商材を売っていたw(これは特定できる)

●13日からマレーシア。オランウータンと握手予定。女っ気はないよ。

●来月はまた韓国旅行再開予定。(プレゼントで当たったので)また野郎とだ!

●エアコンのリモコンが行方不明。しょうがないので本体でオンオフ。予備のやつ買うかな…。

●仕事は相変わらず冴えない。Web業界に赤字になるようなビジネスが蔓延しているのも一因だ。なんでお金取るだけのことしか考えてないかな。

●過払いのブログ作りました。http://sarankin.blogspot.com/ サラ金を打ち間違えてサランキンになってしまい非常に格好悪い。過払いに関しては他の人にも早めにやっておくことを勧めておく。(解約してから訴えること)→借り替えてから解約して訴えれば、ブラックにならない(完済解約されて何ヶ月か経つと、信用情報データがいじれなくなる)。借金借り変えるなんて、という意見もあるだろうけど、戻ってきたお金でその残を帳消しに出来るのであれば信用情報を黒にしないことにこしたことはない。

ちなみに、来年から国による総量規制といって年収額の1/3までしか貸してくれなくなるので、それを考えるといまのうちに調整をしておかないと非常に厳しくなるのだ。ユーザーも倒れる人が多くなるまったく厳しい規制なのだが、これに過払いで個人単位で何百万と払い戻しているサラ金は、低金利で、総量規制となるとかなり経営が厳しくなるので、今後過払いも対応が厳しくなることが明らかで、ホントすぐ過払い訴訟はやっておくべきだと思いますよ(できれば自力じゃなく弁護士・司法書士に依頼したほうがいいと思う)。

ちなみに、皿とかじゃなくて、通常のカード会社のキャッシングでも18%よりずっと昔は高かったはずだが(約27~29%)、そういうのも対象になるので、意外と隠れ過払いユーザーは多いはず。

冷蔵庫

Tags

冷蔵庫をでかくしたのだが、これが結構よくて、なんだか小さい冷蔵庫のときよりも圧倒的に長持ちする。技術の差なのだろうか。

おかげで外に出て食べるよりも1食コストがぜんぜん減った。スーパーがカードを使えるとなおよくて、例えばスーパーに行くと2-3千円はすぐ使ってしまうと思うが、ついケチってしまいがちだけど、月間通しの支払いなので、そんなでもなくなる。

アルコールも入れておけば無駄に遊びにいくのも防げて一石二鳥、いや三鳥くらいの効果。

個人的には、横が80タテが85以上でも入れられるくらいあるなら、300リッター以上でいまもっとも安めなこれを勧めるが(左右どっちでも開くのが高得点)、

僕が持ってるのはこれ。(左ドア)

茶色好きなので。フリーザーが93リッターもあるけど、とてもそこまで冷食で埋まりませんw。新宿の真ん中に住んでた時は必要ないと思ってましたが、食コスト下げるのにはあったほうがいいねえ。まぁ2-3人用サイズなのでそこまで人が増えることがないのが涙なのだが。

財布をわすれた

Tags

家を出てから途中で気がついたけど、少しお金がポケットに入ってたのでそのまま来る。なので、お金がなくて飲めないから帰ることにする。最近は歩いて移動しているので、多少お金がなくてもへっちゃら。

友達が日に日に減っているので、もうそういう意味合い(話す友達の確保)として結婚したい、けどもう友達女子の類は皆結婚してるか結婚考えてないという昨今。

いま過払い訴訟をやってるんだけど、上手くいけば借金は実質消滅するのでなんとか無くしたい。世の中借金があるとふつうに対象外なんだよね(前も書いたような気がする)。資産は土地くらいしか持ってないけどさ、借金あると人の意識の中では相殺されちゃうんだわ。

いちにち人としゃべらない日もあったりすると、こういう投稿で紛らわしてはいるものの、これがなかったら、ひがな一日反復作業をやってるのと何が違うんだろう。