Esetスマートセキュリティ

職場ではこれを利用しているのだが、古目の機種でも軽いのがいい(起動が早い)。あと、実際に、たとえばオークションで買ったウィルスまみれだった起動ディスク等をクリーンまでもっていってくれたのもこのソフトなので、信用している。総販売元がキャノン系なのもよい(ただしこのネット販売の代理店は独立系のECStudio)。体験版など利用してみてほしい。
挿しただけで感染する、USBメモリウイルスにも対応!ストレスを感じさせないウイルス対策ソフト
ESET Smart Security
特長1:パソコンの負荷を抑え、スムーズに使える軽快な動作
特長2:第三者機関による最多受賞実績
特長3:様々な脅威から守る総合セキュリティソフト
挿しただけで感染する、USBメモリウイルスにも対応
無料体験版・製品購入はこちら:ESET Smart Security

無料体験は上のリンクから。(他の常駐ウィルス対策ソフトとは一緒に入れられませんので注意)

311

3.11以降、食べ物に関しては規制値が出たもの以外は殆どテレビにおいては言及がされなくなってしまった。福島がああなってしまって、世間でもある程度は同情しているので、あんまり影響のない人ならば規制値以下なら食べさせはするのだろうが、農業、漁業とも、数値が出ているうちは、規制値以下で市場に流通したところで、壊滅的になることは明白だ。

ただ、それを言うと風評ということになってしまう。
言わない、のだ。

すぐ南の県、茨城の野菜も地産地消といわれながらも、ディスカウントして、関東圏には多くが流通している。しかし、地産地消で、子供は地元野菜を食わされていると聞く(たぶん福島の一部もそうだろう)。

これは報道云々とかじゃなくて、基本的人権とか生きる権利がないがしろにされているとしか思えない。
判断力のない幼児は甲状腺の観点からも絶対的に原発から離れるべきだが、そこそこ小学生以上の子供になると親の同意がなければ転校などできないし、引っ越せないから、選択権はない。

そこまで生き物として飼い殺しにされてしまうのなら、いっそ未来の欲しい少年少女は家出でもしてしまったほうがいいのではないかと思える。子供の安全を行政に求めるのももっともだが、今ほんとにまずい人は離れることが一番安全である。でも家出したらいつかまた戻されてしまうという罠がある。近くに住んでいる場合、またはホットスポット下にいる場合、子供にはほんとに厳しい時代となってしまった。

社会的な体裁よりも、命のほうを大事にして欲しい。