メルマガの刊行ペース管理がひどいのを理由に編集システムの優秀さを語る人は間違ってる


I can't believe what I'm looking at / Ed Yourdon

最近本来定期刊行、あるいは月間何通程度の予定が守れない、メールマガジンがちょっと前に問題になっているが、メルマガなんて誰も催促してはくれないわけで、せいぜいシステムからのリマインドメールがきても、それを無視してしまえばどうしょうもないものだ。俺もメールマガジンを発行したことがあるけれども、3ヶ月目には挫折している。モチベーションを高く保てない人には、絶対に続かないものだ。

それで見直されているのが、定期刊行している雑誌や書籍の編集催促システムなのだが、別にそれって優れてない。「だから編集って優秀なシステムなんだよ」という人は編集に幻想的な価値を持ちすぎだし、Web上で出版幻想みたいなのをほんとに目にし過ぎてどうなんだろうといつも思っている。

作家にとっては執筆本のために諸般調整して、催促もしてくれて、場合によってはマネジメントまでしてくれる便利屋さんも編集の形ではあるわけですが、それはあくまで、自由にされているようにみえても、経営的には、刊行されるもののコスト内で管理されているわけで、まあそんなに編集者を放置しておくコストも自在なわけではなく、だから一部の高給取り大手新卒編集者以外は編集業には非正規雇用者が多いわけです。編集はノルマをクリアしていればある程度は(作家のマネジメントの真似事くらいまでやるケースがあるほど)そういう作家サイドにとって便利なことをしていてもいいわけですが、それは会社にもメリットがあるからで、売れる作家をつないでおけるからです。

編集システムは取次ペナルティも厳然として存在していることで上手く動いていることもあるけれど、なんでもかんでも編集システムに載せれば上手く行くというわけではない。途中でも適当に出せたり、放置できるWebのシステムも別に間違っているわけではなく、議論になったことがないから熟成してないだけ。システムを作ればいいので、編集を雇うみたいな考えは、ちょっと間違っている。

メルマガには進行管理だけいればいい

編集要員をメルマガ1つに雇うなんていうのは、コスト的にも大半の場合は現実的じゃなく馬鹿馬鹿しい話。もし、どうしてもアナログな編集者の催促システムを認めるのであれば、実際のところは単にサイトに対して頭割りで、編集者ではなく、進行管理者が多数の執筆人に対して1人いればいいと思うんですよね。コストで算定してあうところで。で、電話やSkype、SNS、メールなどさまざまなメディアを介して、いわゆるアナログな手動催促もする、と。機械的催促で、そこに「気」が入ってないとネットに中傷書かれたり、原稿上がってこないわけですが、たしかに人力でなだめすかしたほうが原稿は上がるというロジックは編集にはあるかもしれない。でもですよ。

編集者がやらなきゃいけないことがあるとしたら、集稿済の原稿を、社会的なNG事項との間での調整をする作業や、口述筆記の人の適当にしゃべったものをていよくまとめチェックするとか、そういう作業。OKかNGやかの境目と、タイトルの煽り。誤字訂正。でも、本当は編集されてないコンテンツが読みたくてメルマガを読むんだと思うのです。編集は前にたっていける存在ではないし、僕は必要ないと思う。編集が普通に調整したら炎上しないしメディアとして面白みはむしろ減るかと。進行管理と記事提案だけであれば、編集じゃなくて、マネージャーだけいれば十分。

単純にメルマガの進行をよくするには、催促要員だっていらないかもしれない。

システムの改善だけでもいい。編集者いりません。予約入稿ができるようにできたり、金銭的なところのシビアなところでのアメムチをもうちょっと考えれば、皆メルマガをちゃんと書くようになるはずです。

通常、リマインドメールなどの機械のいうことは無視してもペナルティがないということが大きくて、早期入稿のインセンティブが大きかったり、ペナルティが厳しければちゃんとやる人のほうが多くなるはずです。

たとえば(予約投稿で)「早く入稿すると料率10%増」「催促を5回無視すると、自動的に廃刊して返金」 みたいな形で、早期入稿をうながすインセンティブや、ペナルティがあればいいのです(ペナルティはあまりひどいとヤル気を削いでしまうので、遅くても入稿すればペナルティ帳消しみたいなシステム等が望ましい)。

システムの変更だけで、大概の人は仕事をしますし、それだけでもサイトにも色がついてきます。

編集はアナログすぎるシステム。個人の力に頼りすぎているし、Webでは過剰に評価しすぎ

エディターなんていうオールドなものは、儲かってる時は皆がちやほやしてくれるし、企画も通りやすくなるから、どうしても「俺の編集には価値がある」みたいな天狗になりがちだが、実際のところは、たとえ頂点の成功を極めていても、せいぜい決算ベースで5-6期もたてば、別のものが会社の売上を支えたりして、経営者ベースでは以前編集者が生んだ成功なんて、特に役員でもやってなければ忘れてしまうのだから意味は別の所に持つ必要がある。それでプライドが高い傾向があるのだと思う(ホントはヒットした際に職位を上げたりで役員に食い込むことが大事な、単なるサラリーマン)。

だいたい俺だって、億ベースで仕事場にお金を入れていたときに、職位格下げ話とかあったし(億単位の入金を元に抵抗した)。みんな出勤管理とか金銭管理とか別の軸で見ているので編集なんていう定量化しづらい単位にはあまり意味が無い。編集者評価軸って、僕は本当はたとえばいままでの会社への利益総量とか、通算の打率とか、そういうので判断すべきかと思うのだがやってる会社ってほとんど聞きませんね。

脱線しましたね。それはともかくとして、Web上で浮き草稼業であるオールドメディアの出版業全般に対して一部のユーザーが「価値」を語りまくるのはどうなのよと思いますが、とにかく編集力の他者評価みたいなものに、編集は自分の実力がなくても共依存しがちなので、あまり安易に評価なさんなよ、と。編集が便宜をはかってくれるのは人付き合い以前に商売として成立してるから、ということが殆どだし、編集なんて本来必要とされるのは「企画構成進行力」と客も作家も含めて「人をひっぱる力」なので、進行力だけ評価されて編集って役にたってるじゃんなんていうWeb側の編集者評価軸自体がネタとしても終わってると思うのだ。

NHN Japanのグレーゾーンから確信的に新しい概念をはかせて、数を大きくして企業マネタイズに持ってく手法を、編集は学べばいい。彼らは「新編集」。


Line powered by Naver Japan NHN / jonrussell

編集なんかよりも、システム屋は頭を捻っている。「2chまとめが流行ってるということはいろんなまとめに需要があるはず」と、あんな盗用コンテンツの総本山的な概念をロンダリング、キュレーションという本来は美術用語であるところのものを拡大解釈した偽装的なくくりではじめて、インセンティブ還元でシステムとして回っていまでは商用スポンサーのまとめを数百万で受注し、社会的にも無視できない存在まで成長している「NAVERまとめ」なんて、最たる例だ。人にやらせるためのインセンティブはグレーにかかわらず先行して用意するなどしたが、それだけでないメリットも多数作っている。それは投稿者に対してそこが舞台だったり、使いやすかったり、自分に他の部分でもメリットがあったり、狭い範囲の人への情報を編集しやすかったり、違法からはじまって、今では公式に引っ張れる写真を提携拡大することだったり、全体では記事に見えるけれども単体の1部品1部品がリンクでたどれたり等のSEO的なシステムだったり、タグのお役立ちだったり等、いろんなことを工夫している。いまや、編集者を招いてイベントや優秀編集コンテンツのコンテストまで開催したりして、キュレーションコンテンツだったはずの「NAVERまとめ」が、誰にもできる編集のまねごとなふりまでしている。

「LINE」だって、日本の優秀なアプリサービス的な顔をしているが、資本はライブドア身売りの時に100%韓国NHNになってるし、インフラとしては「3Gデータ通信にダダのり」だし、かんじんの「チャット」と「無料通話」だって元は韓国で既にシェアを伸ばしていたカカオトークのパクリ。それらにスタンプ等の価値軸をつけて、カカオになじみのない日本に先行して普及させた。世界的な普及があるのも別に電話代をケチりたい低所得者層の多い国から流行っているということもある。いまや年間千万円単位でのお金を取れるメジャー企業アカウントを擁するマネタイズできているサービスである。

言い訳上等。あのくらいのしたたかさが求められるのだと思うし、それらの価値観の創造が編集に近い、なんて気づいている紙の編集なんて一握りなはずだ。システム企画屋のほうが、これからの編集なんだよ。いまの時代はね。

歌舞伎町からボーナスが

DSCF1068

さっきまでジムに行く気満々だったんだけど、メンテナンスでおやすみなので、雨だったのでちょうどいいと思う反面コスト的に無駄になってしまうのでどうかなと思うが。来年は「いよいよ、かな」という感じもするのですが、この難局をどう過ごしていくのが適正なんですかね。光は新宿からといいますから、新宿に光を見るのがいいのか。いつも世話になっている歌舞伎町界隈の方が「ボーナスをあげる」と勤めてもないのにほどこしをくれるらしいので、それは貰っておこうと思います。

酉の市(新宿花園神社)で上手く熊手を買ったり酒を呑んだりするための10のノウハウ

SAM_0101

カタギな我々がその筋の人(注:お客さん、ということにしておいてください)とも触れ合えるイベントであるところのお酉様だが、かなり皆リピーターなので、一緒に行った人は熟知しているのであった。ということで、HOWTO酉の市。これを知ると知らなかったほうがいいかもしれないが、よけいなことを知っていても、楽しめることは楽しめると思う。

どこにも座れないとき、飲み屋屋台で空いている場所はここだ

1、お店(飲み屋屋台)に入れない場合は、神社の裏側や、入り口際、神社に向かって右の納め神社の隣あたりのトイレ近くまでの坂の比較的普通の人のこない通路寄りのお店は空いている(水飲み場あたりの裏道は、靖国通り側の出口からの客がくるため意外と混んでる)

2、比較的空いているお店では空いている理由があったりすることもあり、報道されるくらい怖い人と同席になることもあるので、マナーに気をつけよう(じろじろ見ない)

参拝する時間は「平日の浅い時間」か「遅い時間」がオススメ

3、平日であれば浅い時間でもわりと混まずに参拝できる。休日の開催の場合は浅い時間だとだいぶ並ぶので、参拝を飲んでからなどの遅い時間にすると空いている。

短冊に値段の書いてある店は明朗会計。あえて逆手をとる方法も

4、基本的には、屋台内に書いてある食べ物・飲み物のメニューに価格の書いてないお店は避けたほうが無難だが、まあ割高程度なので、あえて他が混んでる場合は直撃するというケースもある。ビール単価を聞けばおのずと全体像も見える。ただし酒で、高い酒があっても明確に詰め替え酒、あるいは薄まっている酒であることは覚悟しておこう。ルール無用なのだ。

熊手は最終日に向けてだんだん相場が下落していく

5、熊手は、酉の市初日前夜祭に買うと高い。ただ縁起で毎年おなじところからあえてその値段で買うという場合もあるが、安く済ませたいのであれば、最終日に買うこと。ただし、あまり縁起的にはよいとはいえないが。最終日に、これしかないんで、この範囲で一番大きいの…という買い方だと半額以下で収まったりする。

6、熊手には相場は「ない」。1万円出してもそこそこのサイズだし、同じものが最終日の最後には3-5千円になることも。でも大きいのは5万円からとか20万とかガイドラインはまああるんじゃないかな。縁起物なので原価とか考えないこと。

身の丈にあったサイズのものを選ぼう

7、同じところから買う、サイズを毎年大きくする。みたいなルールは先方の商売上なので、気にしないでいい。だいたい最初から身の丈以上の大きいのを買った人は、経験上結構沈んでいるので。その年の商売がうまくいかなかったらまた別のお店でやり直してもいい。上手くいったら、ルール通りに大きいのにするのが一応縁起というもの。

大概のお店は、買う前、名前札を立てる際に住所名前も聞いてくる(同じお店に来るように、ダイレクトメールを送ってきたり、逆にDM全然送らないところは同じ名札を予め作っておいて今年も来るようにキープしている。)いまのところ個人情報保護テキに変なことをした例は聞かない。大事なお客さんだからね。まあ大丈夫。

重くても店舗・事務所に持ってきてもらうとかはしないでその場で買ったほうがいいです。(なぜなら、きてもらうとかすると「業者を変えづらく」なるので)

買ったあとは三本締めがあります。

テキヤのことを深く知りたい人はこちら

8、お店には個人名が書いてあるが各自バックボーンというものがあるので、深く調べないほうがいいと思いますが、まあ地域名で決めるとか、飾りがカワイイとか、人が比較的怖くないとか、個人的な好みでどうぞ。どうしても決められない人は屋台や屋台飲み屋の人も大概は提携店というか、同じ元締めを持っているので飲んでからそのへんのテキ屋さんに紹介してもらうのがいいと思います。

9、大人のルール、建前については詮索するなということで。でもいろいろ知りたい方はこちらの書籍などを見るといいと思います。

▲最近出た研究書。業のさかんな墨東地区をフィールドワークしたもの。

▲ここの出版当時時期の仕切りの人がインタビューに出ています。

酔狂な出し物を楽しむ余裕があるとなおよし

10、帰る前には絶滅寸前の「見世物小屋」を楽しんでいくといいと思います。いつ消えるかといわれていましたし、実際廃業されているグループも多いのですが、今のグループは、見かねて演劇系などの若い人が何人か加入して引き継ごうとはしているのでしばらくはまだあると思います。

話題は変わりますが、今年神社自体への奉納額を見ていたら伊勢丹だけがやはり地域に強いものなので(花園神社の建物の裏側に回ると伊勢丹の倉庫がありますし、元々の花園神社は今の伊勢丹のある場所にありました)1本出してましたね。あとはみんな二十万、十万以下…新宿経済はそれなりに厳しいのだなと景気のよい会社の少なさにもちょっとシビアな昨今を感じるのでした。

二の酉、またそれより後年にこの記事を見た方は、酉の予定はこちらで確認を(Wikipedia)

※前日も「前夜祭」でやっています。 ※最終日以外は深夜までだいたいやっています。

2012年の場合は、きょうのあとは11月20日に2の酉がありますが19日が前夜祭となります。