SoftBankのAndloidスマホのSIMを他に流用する場合の注意事項

●契約SIMと紐付いてる元の携帯、先に売っちゃダメ!

個人的にずっとSoftBankを利用している。孫さんの会社だということもあるのだが、永年パソコンソフト問屋の日本ソフトバンクだった時代から、ソフトバンクパブリッシング(そのあとどういう名前になったっけ?)に至るまで一貫してお世話になってきたからということも無くもない。

まあ最近は回収ターンに入ってるのと海外の買収ばかりやってるから、長い顧客に対して不利な政策ばかりとっているので、アコギすぎる面もあるが(きつめなパケット利用量制約、解約の違約金、得だったサービスの撤廃、プラン改悪、MVNOやSIMロックをのらりくらりと交わすなど…)。最近は、iPhone以外のモデルが異常に少ないから、もうYmobileに安い側をやらせておいて、実質的なSoftbankのMVNO的な位置づけで、ゆるやかに縮小していき、シナリオ的には格安スマホ側が流行るのは確実なんだから、どっちに転んでもいいやという方向性でいるんだろうなあと思う。また機種が増えてきたら、やる気が出てきた時か、想定以上に回線流出が続いて縮小してしまった時だろう。

 iがつくものが嫌いな身内に感化されたというか、iPhone6があまりになんの期待も持てない端末であったため、もうあんまりiPhoneでもねーな…と、ふとアンドロイドに浮気しようと考え、docomoのサムスンモデルGalaxy S5を手配、公式にSIMロックを外してきた。

SIMロック外しがてら、まだ回線はSoftbankに縛られていたので(2年契約がハンパに余る)、そちらにしばらくはiPhone5のSIMを挿して使用していたのだ。実はAPN(=アクセスポイント設定)の設定だけ変えればそのまま使えていたので(SMSとソフトバンクメールは工夫がいるが、まあGoSMSProでなんとかなった)。あら案外いいじゃないと思っていたのだ。

なんでサムスンなの、という意見もあるでしょうが、俺はまあ親韓なのもあるし、単純に現状のいちばんハイスペックなのを買って何年も使いたいのと、海外によく行くのでSIMフリーのほうが良かったからなのだ。SIMフリー端末は、もちろん安価で完璧なNEXUSも考えたが、カメラがどよんとした写りで、こりゃないなと自分では思った。

 だが、そのあとSIMをソフトバンクのアンドロイドSIMに変えたのが失敗。
それをGalaxy S5に挿しても、まあ電話はつながるが、APNがほとんどダメだったのだ。それはなんだか最近のAXGPと呼ばれるシステムになってからアンドロイドSIMは、機種ごとにAPNが固有のIDとパスワードになっていたからだ。

どんなAPNを入れても、電話とSMSはなんとかなっても、ネット回線、パケットがこないのだ。しょうがないので、行き帰りに無料のWi-Fiエリアにいったり、食事はWi-fiのある所に行ったりしていた。 

パケット難民は、なんだかパケットを分け与える飲食店にほどこしを受けているような、惨めな気持ちにだんだんなってくる。

特定の端末にアプリを入れて見るか、それ以外にもそれを買わなくてもSBM APN GETTERという野良アプリでその固有IDパスがヌケる、という記事を見た。

ならばと現在のGalaxy S5に他機種で契約したSIMを入れてやると、それで出るID、パスはAPNに入れても全然読まねえ。(いや、厳密にはパスは後でなんとかなる、正しいものでも同じだった。IDだけ違うのだ) 

 ふとまた1日置いてわかった。ああ、アレだ。元機種(SIMを契約したアンドロイド端末)にSIM入れて、APNGETTERかまさ無いと、ダメなんだと。入れ替え先の携帯でいくらやっても、無駄なんだと。

機種に紐付いてIEMIやらなにやらから生成されているわけで、重ねていうが、「入れ替えた携帯に別機種契約のSIM」では、IDが変になってしまうわけで、ダメなわけだ。

 そのも1つの契約携帯、諸般の事情でSIMだけ貰って使うつもりもなく購入したものなので、転売しそうなところだったので、アブナイところだった。  

そちらの契約携帯にSIMを入れると、そっちではパケット含めて全部つかむ! 当たり前か。

だが、その携帯電話は、(野良アプリOKに設定したのに)野良アプリのAPKファイルをダウンロードしてくれない!(ブラウザしか表示されず、落としてきてくれない)。最近のはきびしいのかなあ。

 うーん、と考え。Galaxy S5側からメールでダウンロードリンクを送ったりもしたものの、やはりブラウザで同じことに(はねられる)。Google Playでファイラー等を落としたところで解決せず、うーん。

ああ、じゃあ。 GalaxyS5は室内ならWi-fiを掴んでいるから、そちらにもうすでに入ってるSBM APN GETTERのAPKファイルを、両方の携帯に「センド・エニウェア」という、写真やファイルの送受信が行えるアプリをGoolgle Playで入れて、それでSIMの契約携帯側へ送ってしまえばいいか! と思いついた。

やってみた。あっさり成功だ。 

APKファイルのありかがどこにあるのかわかりづらかったが、SIMを契約した別の携帯のほうのファイラーアプリでファイル名を「検索」すると、しっかりAPKファイルを発見、ダブルクリックでやっとインストールされた! これで、SBM APN GETTERからAPNに使える正しいID/PASSをゲット。

コピペしメールでGalaxy S5に送って終了。 SIMを戻すと、やっとGalaxy S5が、ネットに繋がりました。ああ、AXGP以降、APNアクセスをこんなめんどくさい仕様にしたのは誰だ…。 ネットがつながらないほうが健康だとかいう意見もありますが、陰鬱な気持ちになるので、俺は多少の弊害はあってもやっぱりネットにつながるほうを選びます。 そして、同じように悩んでいる方がいたら、間違ってもSIM契約携帯のほうを先に転売しないように! SIMを溝に捨てるようなものですよ。