いいとし

いい年になってしまった。若者ではすでにないのは体でも理解はしつつ、でもまだ監督者という感じの、まだ現場で何人かとはつながっているのを夢でも見るなどする。

現実には、ネットを介しては何人か過去の部下やら何人か比較的親しい人とはゆるくつながってはいるが、一人で黙々とPCに向かう仕事をしている。

私以外の周囲も皆、そんな感じにはなってきている。同様の仕事をしている諸先輩方も、多くは仕事を失いかけている。体調を崩したりしている。大量雇用の時代でもない。たとえ一見うまく行っているようなセクションでも一人孤独になっている人が多いし、プライベートではたまたま子育て出来ていた人でも育て終わって、まずまず孤独だ。別れたらそれはそれで慰謝料だけの人にもなり、元気もないから新しい恋愛などする気力などない。少し前は諸先輩方は景気のいい時代を駆け抜けたまお先に失礼と卒業していくものと思っていた。尻拭いするのは残されたものだ。と、思っていたが、そうでもなかった。

上手くいってるのは、時流にのってビデオコンテンツを量産し、撮影会や不動産を上手く回している一部のおっさんくらいのものだ。

あとは全敗のような気がする。

私の仕事場では、事件がよくおこるのだが、昔はいわゆる金銭的な締め付けや、コンテンツを作るために面白い人とよく会うのだがイコールリスクある人なので、人付き合いにまつわるトラブルなどが主だった。

それも時代と共に、規模縮小、業務終了にまつわるものばかりだ。

2016年10月末、テレビでは石垣島へ移住した高樹沙耶が、例の草で捕まったのを連日報道している。男依存的な体でまとめているのを見るが、自分中心の小規模なコミューンだけであって、変な宗教性のあるものに依存しているわけではなかったのだから(それが草ともいえるが)、あれはあれでいいよなあとも思ってしまう。

自由奔放への憧れが強いのかもしれないし、仕事の不安定さに不安感があるのかもしれない。

いまは最愛の人と婚姻しているが、昔別の人と一緒に住んでいた時は、その人がヒッピー系をベースとしたインド系コミューンに依存していたので(私は距離をおいていたので無関係だったが)、高樹の感覚がわからないでもない。
昔は元部下に不安感をネットで垂れ流すな、といわれたが、それをもってバランスをとっているのは確かなことだ。

書くことがないということは幸せである。が、本当に大変なときはなにも書けなくなる。

他のブログも見てみよう

 

 

楽天派のあなたへ

おすすめ横断検索 旅に出よう!お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』