茨城の情報遮断を案じる



 俺はもうあっという間に時間が経過し、ついこないだ40だったのに、もう50歳になってしまった。ネットだから(プライバシー保護も考え)いろんなプロフィールはわりと伏せていたのだけれど、20代のころの話をしても30年も前になっているくらい時間が経過している今、もうどうでもいいような気がしてきているので、徐々にリアル人格に近づけていくようにしていきたい。
 昔の話過ぎるが、子供の頃ある日ローカル新聞のべた記事(というかコラム欄)で、茨城県議会で、茨城では民放テレビ全県中1県(唯一うちの県)だけないんだけど、「審議してたけどこの県スポンサーいないし、関東視察したけどU局で採算取るの難しいからもうやんないよ」というような報道が出ていて、農業県とはいえその時、この県の経済ホントにダメだな。と思った。
 それが後のJCOの問題で(地域報道の不足として)はっきりと出たし、
 現在の魅力度ランキング最下位というネタでずっと流されていることにもつながっているような気がする。茨城県民はかつてフジテレビで早朝に流れていた「おはよう茨城」で中央マスコミに取り上げられているような気分になって喜んでいるようじゃホントにダメだったのだ。
 もちろん経済はダメですが茨城県南は住宅地としてはコストパフォーマンスに優れ、優秀。でも、やっぱ、地域の自由度としてはダメである。

 以下、それに関して思うところをツイートしたので貼っておく。(順序はJCOのを誤記で書き直したので順列にはなっていないが、この順で読んでほしい)




 若いころは茨城のために頑張ろうかと思っていた時期もあるけれど(上京するまでは茨城の環境の良好さとローカル性が非常に好きだったので)、正直自分の性格的にマスコミしか仕事はできないなあと思っていたのだが、それだとローカル系の会社はほぼ広告で採算をとる仕組みだと(そもそもテレビすら不可能な土地なのに、タウン誌は構造的に無理がある)多くが破たんしており(定着したのは広告代理店系中古車情報誌のオートガイドAG、印刷所を母体に持つため旧来スタイルでもなんとかなってる月刊みとくらい)茨城文化にこだわって、茨城に戻ってそこまでの徒労をしなくて本当によかったと思っている。

写真:フォトック提供(筑波山から見た風景)
近況:

GalaxyS8+(plus)で使えるカードフォルダ付きのスマートなケース、初期は海外直輸入もできるQoo10から買うのが正解

Galaxy8+を買おうと思っているが日本ではなかなか発売日が発表されない。それに乗じて、多分に海外需要のほうが先行した結果、Galaxy8+のケースが入荷するのも遅めになるんだろうなあと思う。僕はSuicaを別途定期券で入れているので、スマホケースにはカードフォルダ(カード収納)があって、かつできるだけ革じゃないのがいいのだ(革は排熱がないからね)。となると今日本で買えるのは、Qoo10(ジオシス合同会社が日本で展開しているショッピングモール、韓国のGmarketがベースになっている)。のグローバル店から取り寄せる形になるこのへんか。↓

Matchnine galaxyS8plus case card carrier case これが、Suicaやクレジットカードを収納できるのだ。以下画像はハングルの説明になっているが、購入自体はQoo10から出来るので個人輸入に挑戦してみてほしい。(日本語で申し込める。多分EMSなどで来るはずだ)※おさいふケータイと一緒に利用する時は干渉するかもしれないので、その場合はNFC側をOFFにするか、電磁波シールドステッカー(Flux Pitmobile等)をamazon辺りで買って、利用して干渉を遮断してほしい。 到着は若干時間はかかると思うが★も4つついてるので、問題はないかと思う。これ表側にカードフェイスが出ないので、持ってるのは忘れそうですが、それはそれでいいかもしれないです。案外韓国からの個人輸入はQoo10かGmarket使うと簡単なので、日本に商品が品薄で韓国にはあるというようなものが欲しいという場合、一回やってみるといいと思う。