愛するワイド!スクランブル(2部だけ)

2017年。パソコン通信黎明期の頃からネット的なことをやってきていたので、そっちももう30年レベルか。恐ろしい。
そんな枕は何の関係もなく、今は週末に出かける予定の地が楽しみだったのだが、台風が日本列島を横切るそうじゃないか。これは残念だけど、特異な体験がしたいだけだから豪雨でも大丈夫なのだ。
DImREVLUwAACIgO
僕が今面白いと思っているテレビ番組のことだけ書いておこう。昼の番組だが、シニアのみに異常なリーチ率を見せているテレビ朝日の「ワイド!スクランブル第2部」。倉本聰のドラマ「やすらぎの郷」の後の時間帯(12:50-)ということも大きいのだが、40代女性である司会のテレ朝では偉いアナウンサーの大下容子が今年週刊誌の女子アナウンサーの好感度ランキングでベスト10内に入って来たことは、やはりこの番組が(オヤジ週刊誌の読者層であるおっさん達に)狙い通り受けているのだということがいえる。


ネットニュースランキングをやっているために「きのうもお伝えしました」「おとといもお伝えしました」が続出する『ニュース井戸端ランキング』のコーナーが秀逸。
あとは大下容子の衣装の謎の趣味と表情の完璧な流れ、笑いが堪えられない橋本大二郎(形式的にはこちらが司会者となっている)、デーブ・スペクターのくだらないギャグの陰でしたたかに写真や動画の版権に入り込む「週刊Newスペクター」、とそのデーブに「デーブさんと一緒にきたかった」「デーブさん、一緒に食べましょうー」と謎のアプローチをかける桝田沙也香アナ、新書「サイコパス」が売れに売れているがエキセントリックさもある脳科学者中野信子、「漫画やゲームが悪い」とか平気で口にする夜回り先生(早くやめてほしい)、また不快コメントなら負けない薄笑いのパッチギおやじ、タメ口で微妙に不快な天気予報の人など人物的な見どころが多い。もちろん真面目な小木さん、佐々木さんも素晴らしいのですが。(レポートの)東さんのことは最近認識、そして最近はかりそめ天国にも使われている久保田アナは表情というか表現力がないのがいつも残念に思う。
さりげに、twitterにもこんなに書いていた。俺のワイド!スクランブル愛がわかるというものでしょう。

きょうはこのへんで。
毎日毎日毎日毎日、オーバーワーク気味。
23時までやる。飯:朝(昼)ラーメン、昼(夕)瀬戸内いりこだしのチキンカレー(チーズ乗せ)、夜(深夜)いずれかの麺の予定

50代のおっさんです。