ラベル はてなキモイ の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル はてなキモイ の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

はてなブログとビジネスモデル

hatenablogはてなには「はてなダイアリー」というブログがあるにもかかわらず、「はてなブログ」というサービスが作られ、先日それが正式版となった。はてなの内部にも「はてなダイアリー」はなんというか時代遅れでしょうみたいな派閥があるのだろうし、「はてなダイアリー」はあくまで独自記法を駆使して入力を楽にするのには向いているものの、「はてなブログ」はWYSIWYGで見たままということを強く意識した真逆なコンセプトになっている。

それでも各自、ユーザーサイドで派閥でわかれるというだけだから別に2つ並行しててもいいのだが、はてなというメディア企業の方向性になんだかなと思っている人は結構いるんじゃないのかな。それはどっちに力を入れてるのかよくわからない部分と、古い「はてなダイアリー」にも新しい「はてなブログ」にはまだまだ結構不足している要素もあったりするまんまという部分。

コンセプトに、はてなのどっちつかずさがずっと出ているような気がするのだな。

まあ俺の仕事場も俺の生活もどっちつかずなのですが。

はてなのその2ブログ並行は、落とし所がはっきりしないというか。

ほぼ完成されている「はてなダイアリー」のユーザーは、「はてなブログ」にも力を入れてきますよ、というはてな側の宣言には、多分ほぼ開発リソースが割かれなくなっている点に関しては諦めているのかなという印象も受ける。でもさ、予約投稿とか機能としてはダイアリーにつけるべきものもあるはずだし、独自記法が多すぎるテンプレもWebがわかんない人にはかなり難解だし、本来はもう少しそちらもいじってほしいところ。

2つを並行させるビジネスモデルは成功すると相乗効果を生み出し、切磋琢磨によってよりいい関係を生むし、黒字モデルを2つにすると採算性も倍加して企業も上手く回るのだが、なんだかはてなの今は、開発リソースの割き方が原因で、片肺という気がするのだ。競争させて勝敗を決めるでもなく、のほほんとしているというか。まあ、自然に新しいほうに移行してくるのを期待しているのだろうけれど、なんか釈然としないままだ。

昔はlivedoorも「livedoorブログ」と次世代的なSNS概念も取り入れたブログの「NOWA」の2本立てで行っていた時期があり、それも結局は受け入れられやすい「livedoorブログ」のほうが残ったりしたわけだけど、それはある程度健全に競争した上でそうなっていて、2つの競争は、ときには「ほこ×たて」のように、戦って勝敗を決めるくらいのほうがむしろ潔い。

ブログサービスのビジネスモデルなんて本体と携帯の広告コントロールをシステムが握るかどうかみたいなレベルだけなのかもしれないけれど、なんだかもう少し「はてなブログ」は書きやすいという以外のコンセプトをはっきりさせてほしいなあ。

きもかわ

http://www.mdsweb.jp/doc/949/0949_11b.html
にあるように、ノルブとフンブという兄弟の話があるんですよ、韓国の伝説に。
で、ノルブって相当ひどい人間なんだけど、現代韓国ではこのノルブのほうの行き方が正しいとされているんです。いや韓国の不思議というか、だから好きなんだけどね。

そんなノルブ伝説を店名にとった韓国の有名チェーン店「ノルブ」の大久保店にいってきました。元ファン嬢と。
壺漬けカルビがあるんで、これは美味しいですね、叙々苑のより現地味に近いです。韓国は基本的にはこういう漬けてある肉が焼肉なんだよね、保存の関係だと思いますが。

その後中国人の店で足裏マッサージを受けていたら、DMM.comのCMに4人の男全員が反応して後ろのTVを向いたので驚いた。さすが、DMM(の業態を知らない人にはまったくわからない話ですが)は国籍を問わず男を刺激するツボを心得てるんだろうなぁ。

嬢は送って、さびしく歌舞伎町で飲み歩いて帰りました。

夏はなんにも起こりそうにない予感がした。
=============================================
ところではてなブックマークでは「はてなキモい」が盛り上がってますが、実際のところ、ユーザーサイドはここのところ流行のいわゆる「自己啓発エントリ(××になるための○つの方法 など)」の影響のせいで文体や箇条書きのパターン等がみんな同じになってるのがキモいんだと思います。

ホストサイドのはてなを「キモイ」でたたくのは、「はてな」の最近のマスコミの持ち上げに対するアンチになっていて、バッシング皆無だった「はてな」のイメージのゆらぎぶりが面白いですが、いわゆる社長あたりからブログとか、犬とかの入れ方から、はてなの社内システム、サービス、名称にいたるまで、女子ユーザーに愛されないタイプだからだと思う。ネーミングからそうなんだよね。たとえば「いわし」なんて海の香り漂うタイトルのサービスでは女子受けは狙ってないでしょうけど。
犬あたりが好きなのは女子に受けるんじゃ? と思われるかもしれませんが、「犬好きな」押井学監督を憧れた女子が多かったか否かを考えればおのずとわかるんじゃないだろうか。
はてなの男子ぶりは、例えば「はてな投げ銭」の展開がいきあたりばったりで、さしたるキャンペーンもはらず、ビジネスチャンスを喪失してるんじゃないかというようなブログがありましたが(ソース散逸)、そのへんにも集約されているね。

一方でPaperBoy&Co.の家入さんなんか、サイドストーリーといい、(ネットでの)遊びぶりといい、短時間でのリリースといい、よけいな絵心といい、昔のあんまりユーザーフレンドリーとは違う伝説といい、あるいみ天才的で「業界女受け」は良くて、うちの元部下女子でさえリスペクトでしたからね。さすがロリポッパーだ。(GMO提携前のロリポップは男子ユーザー側が価格相応感で「キモイ」呼ばわりでしたが、サーバも強くなりすっかり様変わり)。下のAAAジェネレーターも家入さんですけどね。ビジネスでどっちが成功しているかには興味ないんだけど、今後の(書くほうの人の)展開のために、キモイと対になるといいなぁと思います。

で、最初はこの2つの内容を1つにするつもりはなかったんだけど、書いてから読んでみて、「ノルブとフンブ」が枕なのはちょっと深いなぁと思った。