ラベル 日記 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 日記 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

対人恐怖の人にはよい時代だが、コミュニケーションはいらない時代

人とあまり接さなくてよい時代がきた。

セルフレジもそうで、対面しなくていいということはそれはそれで気が楽だ。
筆者はものすごく昔に社員旅行で行った海外スーパーでセルフレジを体験して以来久々に
ユニクロで体験したが、会計1分ですむし、
まあ悪くない。


その後に安い居酒屋の筆頭、晩杯屋の秋葉原店に行ったら、メニューがiPadになっていた。
iPad端末は、脇が甘いというか、iOS画面もすぐに出てくるような代物だが、

私は以前新大久保にあった韓国人経営の居酒屋で、アンドロイドベースのものすごくのろい中華タブレットで似たようなメニュー注文システムを採用していたお店が「騙された」といいつつすぐに閉店しているのを見ているので、実は注文端末は店の命運を変えるほど大事だということはわかっている。

晩杯屋のiPadは実用的な速度で動くだけましだ。なにしろ系列他店(通常の立ち呑みの晩杯屋)の紙メニューのフォントは再現しているから、それだけでもよくはできている(可能なら1行入ってる簡易説明や産地情報がほしいところだが)。

こちらも、実質的に対面しない形でどんどんと注文できる。まあこのタイプのメニューはほかの大手チェーン居酒屋(金の蔵やワタミのミライザカなど)がよく採用しており、老人が操作しづらいのが難なのだが、コストダウンや人件費削減の流れからも、普及は止められないだろう。

しかし、そうすると会計までは(ひとりで呑んでいれば)こちらもユニクロのセルフレジと同じく人と会話しないですむわけで、なにこのディストピア感は。

お酒のお店については、いまだ僅かにある非チェーンの個人店が重宝される理由もわかるが(コミュニケーションがあるし、付き合いができると心配すらしてくれる)

後々このタイプのお店でしか酒呑んでない世代が増えれば、個人店の対面接客のほうが驚かれる時代もすぐなのかもしれない。テレビの上にロッドアンテナついてるマーク(アベマとかニコニコのマーク)を若者がテレビと認識できないように、対面接客も過去の遺物となるのだろうか。

写真はユニクロのセルフレジ

民間信仰の神社

たまにすごく小さい地域の神社に惹かれることがある。特に大きな御神木のある神社が好きだ。なぜ神社が好きなのかというと、どんな神社にも由来があって、それを紐解いていくことで地域の歴史にも繋がってくるからだと思う。
昔、たまたま偶然に僕の本名と同じ名前の神社を発見したときはすごく興奮したのだが、あまりたいした由来はなく、ただ場所はここでは割愛しておくが、その立地が興味深かった。

まあそんな個人的なことはさておき、最近面白いなと思ったのは北海道札幌の水車町にある難得神社。写真はないが、ぐぐれば出てくる。難得という名前からいろいろありそうに感じられるが、別名、蛇神社ともいうとか。個人の霊感から始まった説(というか案内にもそう書いてありこちらが定番か)、開拓の頃蛇が多かったので蛇の死を神社で祀った説、川沿いの低い場所にあるので水害がないよう祈念された説などがあるようだ。

ここ、本来はいる側の正面には駐車場が塞がるようにあり、裏側の御神木側からしか入ることができない、忘れ去られようとしているような神社。しかし年1ではお祭りもあるようだ。
確かに地域の神社がすべてよい方向に管理されているかといえば、そうでもなく荒れることもあるだろう。
荒れながらも地域の空気感や祈念が伝わってくる場所だった。

写真は大通りから狸小路間付近のポスト。大型郵便がかなり大きいのまで出せそうな口でうらやましいのだが、実は雪をよけるために口が大きく本人が開けるようになっている説もある。

JOCX-TV2

眠れない、眠らせない。かつてバブル期のフジテレビ深夜番組帯、JOCX-TV2はそんなキャッチフレーズだった。


いまの僕はそのまんまな状態というか大体3時間で起きてしまう。不眠が続いている。理由は3つあり、まず糖尿の薬の影響で水を多くを飲むのでその影響が1つ。2つ目は一度起きると不安などで眠れずスマホをみると明るくて目が冴えてしまうということ。3つ目は、この2つが習慣づき気味だということ。


薬は朝のみに変えたのですこしは夜の過剰な水摂取の状況も変わるとは思うが、起きてしまったものはやむないのでネット投稿などしたあと二度寝で対応している。


年を取ってただ睡眠時間が短くなりつつあるのかもしれない。

どうでもいい日記

damasareta
DMMアフィリエイトの管理画面。騙された!なんらかの表示不具合なんだろうけど。こんなに上がっていたら安泰だよ。騙され(D)メディア(M)マート(M)。どうでもいい。

寒い東京より冷えた北海道

寒い東京より暖かい沖縄みたいな広告が目にはいったが、北に行ったっていいだろう。ということで札幌に近く向かってみたい。

酒ももちろん飲むのだが、「水曜どうでしょう」でおなじみのHTBの近くに知り合いの墓地がある。

あの街は他にも知り合いだった某社の社長もたぶん埋まっていると思うが、あの街ではなぜか葬祭と縁が深い。

ダレトクメニューがまさにダレトク

フジテレビの有吉の番組のタイアップメニューがデニーズで展開されているが、誰も頼まずまさにダレトクになっている。そもそもデニーズに来る客はインスタ映えを望んでいないし、赤いパンケーキ出されても…。

忙殺

間接的な知り合いだった写真家の方が亡くなられたので、葬儀に行ったりしていたが、この週非常に忙しくなっており、日記を書こうという気持ちにすらならなかった。

あとせいぜい楽しい出来事としては、風街ガーデンで斉藤由貴や藤井隆が見られたこと。東中野まで深夜散歩、念願だった24時間営業のそうめん店舗にうかがえたことかな。(=写真)