ラベル 死後 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 死後 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

20代の頃からいわゆるオーバードーズで亡くなった作家の、火葬場で親が一言挨拶するだけの葬式や、僕が制作を1回やった劇団の女優の病死、同僚編集者、先輩の作家、ゲームクリエイター兼経営者の葬儀、カメラマン(=写真は2017年10月、その人の祭壇に展示されていた遺品のカメラ)、ライター、その他さまざまな葬儀に出ているが、一部には自殺なのだろうか、気がつくと埋葬されていてどこにいるかもわからないという人も何人もいる。

我々の世代の葬式も子供のいない人が多いから結構な簡素なものになるんだろうなと思う。うちもこの世代で墓じまいになるからね。

霊気はあまり感じないたちなのだが、ゲーム系の人の時だけは、部下と2人とも同時に「いま、肩叩かれたよね」ということがあった。だいぶ前の日記かどこかに書いた気がする。平岸、HTBの近くだった。

最近寝苦しいのでそんな人の終わりのことを思い出すようになってるんだろうな。昨日は法事だったし。

と2月19日に書きなぐって未公開になっていたのでとりあえず公開だけしておく。

予想もしないお中元

お中元が来ました。四万十川の水羊羹。大変美味しい。
お中元といえば、唯一毎年交換している方がいるのだが、その方の担当者でもある昨年くらいに亡くなった元同僚の(奥さんの)連絡先を教えてくれとずっと言われているのだが、先日衝撃の事実(?)が。
まあ若くして亡くなっちゃったから奥さんが、その頃から動揺で、まともな状態ではないのだそうだ。簡単に言うと○った状態。それで、明らかに連絡先を知ってる人も誰も教えてくれないと。なるほど。

知り合いも何人か旅立っちゃってますが、結構葬式が省略形だったり、墓も知らなかったりと、死んじゃうとかなりのものが終わってしまいますねぇ。作品の残ってる人(でかつ、遺族が死後も作品公表に理解のある人)くらいですかね、死んでも何か残るのって。

あ、お中元の話をしていたのに、死後の話になってしまいました。