相模屋の豆腐は結構良いです

最近までほとんど殺伐とした生活をおくっていたのですが、どこに縁があるかわからないもので、とある昔から知っている女性の方に拾っていただきました。どこまで続くのだこの荒れた生活、という生活スタイルから大きくチェンジをした昨今です。といっても、自分の雇用情勢を含めて社会的な動きが不安定なので、ちゃんとしていけるのかはやや不安な昨今なのですが。同じように仕事の内容についてもどこかに縁があれば変わっていくのだろうな。と思います。

そんな最先のよい昨今に、相模屋食料の豆腐セットをいただきました。相模屋さんの豆腐の特徴は穂のかによる大きな豆腐のCMでしか知らない人も多いかと思いますが、結構革新的なことをやっている点。

まず『まろやかとうふ』はその名前のイメージを裏切るキティちゃんのファンシーなデザイン、プッチンプリンのように逆さにすると、底の凸凹で「キティちゃん」の絵柄が豆腐に出現!ただ抜けづらいです。もう少し水を入れるとか分離しやすい構造にするとか工夫していただきたいです。キャラクター商品としてもしっかりとしていて、子供に豆腐を食べさせるのには、実によい商品かと。文部科学省とかに表彰されてほしいくらいの豆腐です。

『なめらか木綿』は3連豆腐で初の木綿であるということをHPで強調されていますが「そういえばそうか」というくらいで、それについては感慨もないのですが、3連だけあって重なっていてもズレない工夫がされているのに先端技術的なびっくり感がありました。木綿の目がすごく揃ってる、悪く言うと工業製品テイストなのですが、工場を調べてみたところ相模屋自体は品質にものすごく気を使っている印象があり、工場も5つあり、例えば有機的な商品と他の商品のラインはきっちりとわけていたりして、商品ごとに工場が別だったりして、衛生的な印象。


『焼いておいしい絹厚揚げ』は「もっちり新食感」が売り。弾力性があってとても大きめで煮崩れもしない。理由はタピオカでん粉成分でした。なるほど。

あと『ふんわり焼揚げ』は油で揚げてないので、油抜き不要というのが画期的で、パートナーに好評でした。

 

『クリーミイとうふ』は最近各社からも出ているクリーミー系の商品ながら、4連であり使いやすいです。わさび醤油での食を推奨している。ゲル化しているので若干原材料も多いが、おからもふくんでいるので確かにエコ。温めると崩れるので生食を推奨している。

相模屋の印象はCMだけだとまだ薄かったのですが、実体験することによってかなり見直しました。業界的には他社の「男前豆腐」の近年のブームのように、類似品各社も高価格高品質商品のブランド化ばかりが進行しているイメージがありますが、相模屋食料は基本的なところで味や使い勝手を大胆な開発力で(画期的に)見直しているのはかなり個性的で高得点です。

販路的にはシェアも高いそうなのですが、もう少し近くで売っていると買うのに!といった感じです。ぜひCMや今回のプロモーションを機に、販路をさらに広げていただければいいなと思いました。

キングサーモンハラミを探してローソン2件巡り

売れている。それが実感だった。

高いんだよね。でも売れている。ローソンの「おにぎり屋シリーズ」の中でも品切れ率の高い

キングサーモンハラミ

 

そして意外に旨くて、ついこれ1コで夕食にしてしまい。ついそのまま寝てしまった(これ1つで夕食として成立してしまった)ほどだ。

ã��ã�«ã��ã��ã��ä½�度ã��æ��稿ã��ã��ç��ç�±ã�¯ã��ã�­ã�°ã�«å�¥é... on Twitpic

キングサーモンといえば高級食材で漁獲量が少ない希少品だとか。1件目のローソンでは大々的におにぎり屋ののれんが下がって展開していたが、キングサーモンだけない!しょうがないので2件目へ。2件目はのれんが、ボードにちょっと縮小展開されていたこともあってかありました。

��������護���������� on Twitpic

これがすごかったのは、まず外袋があってその中にさらにビニールと、あとハラミの脂がこぼれたのを吸収すると思われる保護シートが入ってるってこと。半端ない気遣い。吸収するシートのイメージがわかないかもしれないが、刺身の下によく入ってる、そのまましょうゆを垂らしても吸収されてしまうアレ(白いシート)に似たものといえば、スーパー通いする人ならわかるだろうか。

����������@���� on Twitpic

肝心の具だが、「やわらかく、脂ののったハラミ」のキャッチに誤りはなく、実際やわらかい。具だらけというわけではないが、ちょうどいい適量のキングサーモン。確かに飽きない味。ちょっと上下からサンドした感じが中央の切れ目でみえちゃってる部分は残念だけど、それ以外は「こだわり満点」といっていい。

酒のつまみにちょうどいいので、宅飲みをするときにまた使ってみたい。

期間限定らしいので、また買いに行くと思います。

先々週死にそうになった

のでもう無理に頑張ることはしません。俺が死にそうになってる一方で、干してる部下がベストな体調になってるんだから。

先々月からほぼ15時間勤務を続けています。そしたらビタミン剤が悪いのか顔が張って、あと全身が抵抗して、お腹も痛いという状態で起きれない。

  ということがあったので、もう頑張らないぞ。

 

twitterのまとめログを作りました。1日ぶんを自動投稿です。

http://d.hatena.ne.jp/urashinjuku+tw/

なんか張り付けていたコメント用の外部サービスのリンクがキレたようで

前のサービスに頻繁にコメントいただいてたとっとこさんとかには申し訳ない感じがします。
さてきょうも魂を売ったような記事を書きますが、でもペイドではないので念のため。
また韓国ネタです。日本でも有名なマッコリのブランドでイードンマッコリ(二東マッコリ)というのがありますが、さすがに二東をイードンと読ませることで得られる知名度の限界を理解したのか、E-DONにっこりマッコリというように最近ブランドの名前をチェンジしてきたようです。
何かがレベルアップしてるなと思ったら、かつてはパッケージに隙間があって、そこから発酵するガスを逃していたのですが、今はよく見るとキャップ上部にガスを吸収する素材が入っていて、そのせいで普通に保存しておいても問題ないようになったようです。ほう、これである程度の長期保存(約半年)が効くようになったってわけか。
二東のマッコリはなかなか濃い感じですが、以前よりもパッケージも含めて洗練され進化しているのには驚かされました。


 二東(イードン) にっこりマッコリ 1Lペット http://www.kenko.com/product/item/itm_6906987572.html

久しぶりに日記を起こしてみる。

ほとんどここのところ純粋な日記を書いていないのだが、とある人(身内ではないが仕事仲間)が死んじゃったりしていろいろと大変だったのだ。twitterで用が足りるところもあるし。しばらくは、短文だけ起こしていったり、過去ログとしてtwitterとかWassrをまとめていく方向でいきます(こっちとか)。今年もまだ独身のままなのがどうか、それだけが心配。

アンセリンB

今回プリン体を気にしているような痛風の気のある人にはオススメのサプリをもらいました。
黄色い錠剤で、わずかに魚の匂いがしますが、さほど気になるものではありません。年末年始は暴飲暴食するので、連続して摂取し続けざるを得ない感じですが、僕個人としては飲んだ時と飲まない時の差はテキメンに出ました。というか、食欲も、またスタミナが持ちます。それもそのはず、アンセリンはペプチド(鶏のペプチド等も疲労回復で有名ですが)で、かつおやマグロなどの回遊魚のスタミナ源なんですよね。ビタミンBと一緒に摂取できることで、より確かな回復感がありました。アンセリンの生理機能ではむしろ尿酸値なんでしょうけれど、測っているわけではないので、最初にとれたように感じたのはむしろ疲れだったり。

リアルに痛風な友人がいるのでそちらに薦めてみたいと思います。

アンセリンB


『プリン体が気になる方へ!アンセリンで忘年会をのりきろう!』トラックバックコンテスト参加中

半年前のマレーシア日記



相当前だがマレーシアのペナン島にいってきたのだ。仕事上の行事なのだが、ここまで離れた場所にいくと、意外と商売っ気のある悪い人が少ない。もちろん外国だから、一部にはぼったくりのタクシーもいることはいるが、大筋のんびり。

イスラム圏の人もいれば白人のバケーションもあったりする、街に大音量インドサウンドあふれるインド街もあれば、中国籍で姓ごとに海の上に家を建てて集住している水上生活者もいる。多国籍タウンだからだろうか。それぞれの秩序にあわせて、もくもくと暮らしているという感じ。まあ順次あげていって仕上げていこうと思う。

これで周りの人たちが仕事関係じゃなければなぁ…

水はそんなにきれいじゃなくて、湘南くらいな雰囲気。なので、ビーチアクティビティも空中中心で、皆はだいたいプールでくつろいでいた。マレーシアは(この島はともかく対岸の町に)工場が多いので対岸側から海の色が悪くなってきているような気がする。

おや、こんなところにカメラマンが。


結婚式用の記念写真を近所の雰囲気ある空き地でとっているようだ。


いいないいな(涙)。